納骨堂(1934年〜)

患者作業の一環として、1934年に入所者たち自らの手によって建設されました。他にも一朗道や恵の鐘、恩賜記念館などのように、長島愛生園には入所者により作られた建物が現存します。