納骨堂(1942年〜)

周りから受ける偏見・差別への恐れから遺骨の引き取り手もなく、亡くなってもなお故郷の地を踏めなかった三千人余りもの人々の悲しい想いが納められています。