ハートフルフェスタ2004おかやま参加講演会
ハンセン病を正しく理解するための講演会
〜「人間回復」、心の架け橋を目指して〜

 昭和63年、離島だった長島に邑久長島大橋が開通し、平成8年には患者を強制隔離する「らい予防法」も廃止されました。ハンセン病回復者やその家族が長く求め続けた「人間回復の橋」が実現したのです。
 しかし、地理的な、法的な障害が取り除かれ自由を手に入れた今でも偏見や差別の大きな「壁」が回復者を苦しめています。
 この「壁」を越える「心の架け橋」の実現を目指して、ハンセン病に対する正しい理解と関心を深めていただくため講演会を開催します。

日時: 平成16年8月28日(土)
PM12時30分〜14時
場所: コンベックス岡山
2階中会議室 岡山市大内田675番地
※アクセス
JR中庄駅からコンベックス岡山までシャトルバスが運行されます。
金 正美(キムチョンミ) 
元ハンセン病患者、桜井哲夫さんと詩を通じて始めて出会い、ハラポジ(祖父)と孫の関係を結ぶ。桜井さんの60年ぶりの故郷への帰郷に同行したNHKのにんげんドキュメント『津軽・故郷の光の中へ』はハンセン病を知らない人々にも大きな反響をよんだ。8年に及ぶ詩人桜井哲夫さんとの心の交流をつづった『しがまっこ溶けた〜詩人 桜井哲夫との歳月〜』の著者。 
入場料無料

 

講   師
金  正美 氏(エッセイスト、字幕制作ディレクター)
日野 三郎 氏(国立療養所長島愛生園入所者自治会会長)
参加申込み

参加希望者は往復ハガキに、郵便番号、住所、氏名を記入のうえ、岡山県健康対策課まで申込みください。
先着で50名の方に限り入場整理券をお送りいたします。

申込先: 〒700-8570 岡山市内山下2−4−6
岡山県健康対策課「ハンセン病講演会」あて
お問い合わせ先: 電話  086−226−7331
FAX 086−225−7283
申込締切日:平成16年7月30日(金)必着

主催:岡山県保健福祉部健康対策課
http://www.hansen-okayama.jp/